評判のいいクレジットカードを選ぼう|口コミを駆使

手続に必要な書類

カード

収入証明が必要な場合

お金を借りるとなると本人であることを確認できる身分証明書は必要となりますが、時には収入証明書の提出が必要となります。収入証明書は源泉徴収票や給与明細、課税証明書、そして自営業の人は確定申告書の提出を行います。お金を貸す側としても、その人に返済能力があることを確認しなくてはいけませんが、収入証明があればその人の年収が把握できますので、返済能力を確認できるというメリットがあります。とはいえ、カードローンであれば、収入証明不要で借りられることも多くなっていますので、まずは条件を確認してみましょう。消費者金融が提供しているカードローンは総量規制の対象となっていますので、50万円以上の借り入れ、他社と合わせて100万円を超える借り入れの場合は収入証明書が必要ですが、それ以下の借り入れであれば基本的に収入証明不要で手続きを進めていくことができます。よりまとまった金額を必要とする場合は、やはり収入証明ができる書類が必要となりますが、総量規制の対象外である銀行のカードローンであれば、ある程度まとまった金額であっても収入証明不要で手続きできることが多くなっています。各銀行により収入証明不要で借りられる金額には違いがあります。100万円を超えると収入証明が必要となる銀行もあれば、300万円程度まで必要のない銀行カードローンもありますので、申し込みの際はよく確認しておきましょう。銀行は審査がより厳しいともされていますが、そのかわり低金利で利用できるというメリットもあります。